赤ちゃんがぐっすり眠れるようにベビー布団を用意しよう

赤ちゃん

健康に育てるために

洗濯

赤ちゃんの細胞は新鮮なためデリケートです。赤ちゃんは発達段階なので体がまだしっかり作られていません。赤ちゃんの細胞は外部から影響を受けやすく、大人に比べいろんな物質も吸収されやすいのです。その物質が害がないものであればいいですが、不純物や赤ちゃんにとって害のある物質となると危険です。赤ちゃんの体内機能は完全ではないので、危険な物質に対抗する力や免疫力も少ないので戦うことができないこともあるのです。

赤ちゃんの発達段階で危険な物質が細胞に吸収されてしまうと、遺伝子の作りに大きく影響してくる可能性もあるので体の作りに問題が発生するリスクが高まってしまいます。大人は自分で考えて足りない栄養があれば食事から摂取することができますが、赤ちゃんはまだご飯を食べることができないので栄養を自分で摂取することができません。母乳やミルクが赤ちゃんにとっての栄養の元となるので、大人は赤ちゃんの口に入れるものには常に注意をすることが必要です。

赤ちゃんにとって栄養の元になるミルクを作るには水が必要です。ミルクを作る際は水道水を使用せずに市販されているミネラルウォーターなどでミルクを作る人も多いですが、ミネラルウォーターだからと言って安心はできません。水にもいろいろな種類がありその中でも主な種類は軟水と硬水になります。硬水の場合は赤ちゃんにとって負担になってしまうことがあるので、ミネラルウォーターを使用する場合は軟水を選んであげる必要があります。